ダウンロード

赤穂市立 文化と歴史の施設

当館を運営する赤穂市
文化とみどり財団のその他のサイト

周辺観光案内

義士コーナー展示替えのお知らせ

平成29年3月15日(水)に展示替えを行いました。                            

      

テーマ     初公開の忠臣蔵浮世絵                                                                 

展示期間    平成29年3月16日(木)~平成29年7月中旬(予定)                        

点 数     約40点                                                 

場 所     歴史博物館2階義士コーナー                                            

概 要

  歌舞伎芝居『仮名手本忠臣蔵』の流行に伴い江戸時代後期から明治時代にかけて、夥しい数の忠臣蔵の浮世絵が出版されました。その数は1万点を超えると考えられています。当館では平成元年の開館以来継続して収集に努め、現在では1400枚を数えるまでになりました。これは忠臣蔵の浮世絵として国内最大級のコレクションとなります。

  このたび、近年入手した初公開の忠臣蔵浮世絵約40点を展示しました。歌麿や三代目歌川豊国など当時を代表する浮世絵師による優品の数々です。粋を凝らした趣向、緻密な彫り・摺りの技術も見所となっています。この機会にぜひご鑑賞ください。

 

主な展示資料                           

(1)やつし忠臣蔵七段目  磯田湖龍斎  安永(1772-81)中・後期 

(2)忠臣蔵十一段目  喜多川歌麿  寛政(1789-1801)末~享和(1801-4)頃

(3)見立忠臣蔵  二代目歌川豊国  天保5年(1834)頃                 

(4)大星由良之助良雄 片岡仁左衛門 我童  三代目歌川豊国  万延元年(1860

(5)加古川本蔵 市川団蔵 三猿  三代目歌川豊国  万延元年(1860

(6)春見立当羽子板 夜討の由良之助 坂東彦三郎  豊原国周  明治9年(1876

(7)十一世片岡仁左衛門 九段目の本蔵  名取春仙  大正14~昭和4年(19259

 

 

忠臣蔵十一段目  喜多川歌麿

大星由良之助良雄  片岡仁左衛門  我童三代目 歌川豊国