ダウンロード

赤穂市立 文化と歴史の施設

当館を運営する赤穂市
文化とみどり財団のその他のサイト

周辺観光案内

義士コーナー展示替えのお知らせ

 

1 場      所:歴史博物館2階義士コーナー

 

2 期      間:平成30年2月1日(木)~平成30年7月下旬(予定)

 

3 展示点数:約150枚 

 

4  テーマ  :義士史跡と忠臣蔵の絵葉書 ―明治~昭和初期の絵葉書の世界―

 

 日本の近代郵便制度はイギリスに倣い明治四年(1871)に創設されました。一方、絵葉書の起源は1870年頃にドイツで始まったとされています。日本では明治33年(1900)に私製葉書の発行が許可され、その後明治378年(19045)に逓信省が日露戦争の戦勝記念絵葉書を発行したのをきっかけに爆発的な絵葉書ブームが起こりました。絵葉書は通信に使用する目的だけでなく、コレクションの素材としても大流行しました。これに伴い事件の写真を掲載した報道絵葉書・美人絵葉書のほか名所・旧蹟の観光絵葉書が全国で多数発行されました。

 時を同じくして明治41年(1908)には中央義士会が組織され、大正元年(1912)に赤穂で四十七士を祀る大石神社が創建されるなど赤穂義士を顕彰しようという気運が高まり、義士ブームが起きていました。泉岳寺(東京)・大石神社(赤穂)・花岳寺(赤穂)・吉祥寺(大阪)など各地にある義士ゆかりの地は観光名所となり、昭和初期にかけて絵葉書が多く販売されました。

 このたび当館の絵葉書コレクションの一部を公開します。当時の義士ブームや今は失われてしまった風景に思いを馳せてみてください。

 

  

5 主な展示資料:  

(1)赤穂義士絵はがき 

(2)良雪和尚旧跡 正福寺絵はがき

(3)播州赤穂花岳寺 義士参拝紀念絵はがき

(4)赤穂城址鎮座 大石神社絵葉書

(5)播州赤穂義士参拝紀念絵葉書

(6)萬松山泉岳寺 参詣紀念絵葉書 ★

(7)(大阪名所)義士の寺 吉祥寺絵葉書 ★

(8)絵葉書画帖 忠臣蔵 

印は初公開

 

(大阪名所)吉祥寺 四十七士木像・浅野長矩扁額

義士原惣右衛門旧邸・花岳寺山門

大石神社神幸式

萬松山泉岳寺本堂