ダウンロード

赤穂市立 文化と歴史の施設

当館を運営する赤穂市
文化とみどり財団のその他のサイト

周辺観光案内

旧赤穂上水道

井戸を掘っても海水が湧き出るようなデルタの上に城や城下町を造るには、まず上水道の設備が必要でした。

池田輝政の赤穂代官垂水半左衛門が最初に設けた上水道は、その後も拡張・改修がなされて、赤穂城内と城下町へ千種川(古くは熊見川といった)の水を供給し続け、人々のくらしを支えてきました。さらに城下の町家へ各戸に給水するという全国的にもまれな施設でした。その旧上水道のしくみを給・配水管や映像で説明します。

 

 

kan-img
さまざまな水道管